白 本 彩奈 ハロウィン 衣装

この記事では、そうしたハロウィンに関する由来や歴史などから、現在日本で行なわれているハロウィンイベントについて紹介します。 まだ自分でもその歴史を把握していないのですが、イコールではないとはいえ、ハロウィンのコスプレ文化と、盆踊りの仮装踊り文化は、かなり多くの共通点を見出すことができそうです。昔ほどの勢いはないのかもしれませんが、現在でも佃島の盆踊りには、この仮装踊りの文化が引き継がれています。

仮装文化の原点とも言えそうな「男装女装」の風流精神が、その後の盆踊りや、ねぶた祭りといったものに引き継がれているということかもしれません。 「お祭り」が商業化され、地域活性のイベントとして発展していく中で、「踊る人」「見学人」の区別が明確化し、それによって、仮装が「人を楽しませる、その行為を楽しむもの」としての意味合いを強めていったのではないか、というのは私の仮説です。仮装踊りは決して廃れつつある古い文化というわけでもなく、わりと全国各地に「仮装コンクール」という形で、盛況に行われているという実態があります。

ハロウィンの日には、昔から食べられている伝統料理があります。 ハロウィンと言えばおばけや魔女の仮装が定番ですが、これにも起源があります。今回はハロウィンの起源や、かぼちゃが使われるようになった理由、10月31日のハロウィンの日にぜひ食べてほしい料理をご紹介します。子供の衣装でいつもお悩みのお母さんに、今回は男の子に人気の衣装を探すお手伝いをします。有名なところでは、青森ねぶた祭りでお囃子に合わせてぴょんぴょん跳ねている「ハネト」の格好も、実は女装なのです。

また、青森ねぶたに今も伝わる仮装文化として「バケト」と呼ばれる人たちがいます。青森ねぶた誌編纂委員会『青森ねぶた誌 増補版』から引用してみましょう。先の『青森ねぶた誌 増補版』では、古老から聞いた話として、戦前にはむしろハネトよりもバケトの方が多かったという証言も紹介されています。 ハロウィンの起源には諸説ありますが、紀元前に始まったとされる説もあります。

西ヨーロッパの先住民と言われているケルト民族が、彼らの新年である11月1日を迎える前夜にお祭りを行ったのが起源の1つなのだとか。例年、大規模な仮装コンテストやお菓子のプレゼント企画などがおこなわれます。 グッと時代は下りますが、昭和期の東京都中央区佃島の盆踊りの写真を見ると、近現代の仮装踊りの様子が見えてきます。

ハロウィン コスプレ 2019についての他のすべては、当社のウェブサイト上で見つけることができます。